cucina にし村

cucinishi.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 20日

3/20 牡丹餅とお萩

a0205970_22412705.jpg


おはようございます!あったかいですね〜。

春分の日について考えてみたこともなかったのですが、昨日少し調べてみました。
みなさんはとっくにご存知かもしれないけれど、私はぜんぜん知らなかったことなのです。ふふ。

春彼岸にお供えする小豆餅を牡丹の花に見立てて、「牡丹餅(ぼたもち)」と呼び、
秋彼岸にお供えする小豆餅は萩の花に見立てて、「御萩(おはぎ)」と呼ぶんですね。
小豆の収穫は秋なので、とれたての小豆では「つぶあん」のおはぎを作って、
保存しておいた小豆は「こしあん」にしてぼたもちを作る!へぇ〜。

それからそれから。春分の日と秋分の日の前後をお彼岸と呼ぶのは仏教から伝わってきていて、
煩悩と迷いの世界である「此岸(しがん)」から、
修行により悟りの世界である「彼岸(ひがん)」へ行けますようにということだそうです。ふほ〜。

西方浄土は真西にあるとされているから、太陽が真西に沈む春分の日と秋分の日は、
極楽浄土へ行きやすいということだそうです。。ふへー。

なんだかとてもありがたい日みたいですね。ご先祖さまに感謝して、ぼたもちを頂くとしよう。

筍!!入りましたよ!本日よりお楽しみいただけます☆ぜひどうぞです。

それでは本日も一日どうぞよろしくお願いいたします!






[PR]

by cucinanishimura | 2016-03-20 08:26 | ひとりごと


<< 3/22 今週もよろしくお願い...      3/19 やさい大好き☆ >>